‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

居眠り運転対策に役に立つガム・ミント

2015/03/18

ドライブ中に襲われる睡魔は大きな事故を招きます。
そのような危険な居眠り運転による、取り返しのつかない事故を防ぐ対処法として役に立つのがガムです。
ガムを噛む行為自体が、脳を刺激する作用に優れています。
よく噛むことを意識することで血液循環が促されます。
巡りが良くなった血液は脳にある細胞を活発に働かせ、脳を覚醒する効果があります。
覚醒された脳は眠気を遮断する力を持ちます。
眠気覚ましのアイテムとして定着した理由もこの有効な働きにあります。
なかでも特に積極的にミントガムをとることは賢明な選択といえます。
ミントは眠気解消の効果を大いに期待することができます。
メントールが配合されているミントはリフレッシュ感と冷涼感を合わせ持ち、口に入れることで素早く脳に刺激を与えてくれます。
強い眠気に対しても、この刺激によりすぐに覚醒された感覚を得ることができます。
また精神安定のバランスを整えるのに優れているメリットもあります。
長時間の車の運転で感じるイライラにも作用するので、運転中の気分転換としても最適です。
口臭対策として作用も魅力です。
狭い空間の車移動での場では会話する相手との距離も近いのでマナーとして常備しておくこともできます。

 

居眠り運転防止のためのドライブプランとは

2015/03/18

居眠り運転というものは、何らかの原因によって居眠りが誘発され、運転中にもかかわらず断続的に居眠りしてしまう状態をいいます。まず考えられる主な原因には運転の疲れによるものがあります。長時間の運転にも関わらず休憩をはさまないドライブプランは好ましくありません。最低でも2時間に1回は休憩を入れて、計画性に余裕を持つことが大切です。
他に居眠りを引き起こす要因に、薬の副作用や病気などがあります。こうした場合は自分の体調や状況をよく考え、時には運転自体を見合わせることも必要です。眠気を催す鎮痛剤などは、運転前に服用することは控えるべきです。
運転中の居眠りを防止するのに一番良い方法は、疲労を感じる前に休憩をとることですが、万一眠くなってしまった場合には、車を安全な場所に停車し仮眠するのは有効な手段です。しかし、起きてすぐに運転すると体の反応が悪く、事故につながる危険性があるので、十分休息してから運転を開始した方がよいでしょう。
休憩中に覚醒させる良い方法は、一旦車から降りて外気を吸いこんだり、少し体を動かしたりすることで、血液の循環が促されるとよりリフレッシュ効果が期待できます。
眠くなるようなメロディを奏でる音楽よりも乗りの良い音楽を聴いたり、助手席に人がいれば会話をするなど、疲労対策のほか、ドライブを楽しむ要素を取り入れたドライブプランは、居眠り防止に効果的です。

体調管理と居眠り運転の関係について

2015/03/18

長距離の運転を行う際などに起こりやすいものが、「居眠り運転」です。これは、体調管理がしっかりとできていない時に起こりやすく、事故の発生の原因にもなる非常に危険な行為です。このような事態を避けるためには、睡眠をしっかりととることが大切です。身体が疲労していると眠くなりやすくなり、たとえ運転中であっても居眠りをしてしまう原因になります。そのため、運転をする前に十分な睡眠をとることなどで、対処することが必要です。また、運転中に眠気を感じた際には、すぐに運転をやめることが必要です。駐車スペースやパーキングエリアなどを上手に活用して、仮眠を取ることなどでの対処が重要になります。体調管理をしっかりと行うことは、運転をする際の基本的な要素です。居眠りまでとはいかなくても、集中力の低下などに影響します。集中力が低下してしまうと注意力が散漫になり、些細な事柄を見落としてしまいます。例えば、対向車の動きに気づかないことや、歩行者の動きに気づかないことがあります。これらも事故につながる可能性が高くなるので、やはり、体調管理には注意が必要です。自分の体調を気にかけることで、事故の発生を未然に防ぐことができます。

居眠り運転と睡眠不足

2015/03/18

日本の交通事故の原因において近年最も多いのが居眠り運転であり、この運転をしてしまう原因には慢性的な睡眠不足が関係しています。この睡眠不足が事故の原因になる理由には集中力の低下にあり、まず睡眠の効果は前日に20時間行動したことで脳に発生した疲労度を回復するために大量の酸素を吸って代謝を行い疲労物質を抜くことで脳を疲労回復させます。しかし眠れない状態が続くもしくは生活習慣病として問題となっている無呼吸症候群になると本来寝ている間に行われている脳の回復のために必要な大量の酸素を脳に送るための時間を得ることができないため、そのままの状態でいると次の日に前日の脳が活動した疲労度が抜けきれないことで活動が低下してしまい集中力の低下を招きます。そして疲労度が限界を超えると脳が安全な状態に戻す力が働くことによって、本来運転中など集中しなければならない状態になった際に脳の負担を軽減するために意識を切ってしまう状態になってしまうのです。この状態を防ぐためには毎日の生活の中で軽い運動や入浴をすることで体を温めることによって眠りに入りやすい体を作ると共に、この眠るという時間を一定のリズムにすることで眠りやすい状態を作ります。そして不眠症や無呼吸症候群の場合には即座に医療機関を受診し、その対処法を聞いて治すことが事故を回避することにつながります。

ドライブにおける居眠り運転の危険性

2015/03/18

交通事故が起きてしまう原因の一つにドライブ中の居眠り運転があります。
運転をしていて眠気に襲われた経験があるドライバーは少なくないと思いますが、その眠気の原因のほとんどは運転をする前日にあまり眠っていない睡眠不足や長距離を運転し続けたことによる疲労からです。
つまり、ドライブ中に居眠りをしてしまわないようにするためには、大前提としてまずきちんと睡眠をとっていることがあげられますが、長距離を運転する際には疲労を感じる前に休憩をとることが重要といえます。
休憩は最低でも2時間に1回を目安にしましょう。
その際、車から一度も降りないのでは休憩の意味があまりありません。
一旦、外に出て大きく伸びをして凝り固まった身体をほぐしてあげましょう。そうすることで、血液の循環が促されて頭がしゃっきりとするはずです。
他にも眠気覚ましにガムを噛んだり、疲労を軽減するために糖分を補給することも効果的です。
またもしも、休憩中に食事をとるのであれば満腹にならないように気を付けましょう。一般的に食後は眠気が起きやすくなりますので、その後も運転をする予定があるのならば多くても腹八分目を心掛けることです。
しかし、このように工夫をしても眠気が抑えられない時というのもあるはずです。そんな時に無理をして運転を続けて居眠りをしてしまうと、自分だけではなく他人を巻き込んだ重大な事故を起こしかねません。
もしものことを考えれば、どうしても眠気が取れない時は一旦仮眠をとることをおすすめします。

オリジナルなドライブと地図の必要性

2015/03/18

旅行記事に紹介されていないオリジナルのドライブを楽しみたければ、助手席の相棒は友人でも恋人でもなく地図を選びましょう。今どきの電子端末ではなく、ペンで自由に書き込みが可能なものがベターです。オリジナルを追求した瞬間に、どんな行程で愛車を走らせるべきかを考える必要があります。現地付近に到着してから道に迷ったら、楽しさが半減してしまうからです。事前に地名の詳細が確認できる程度の地図を用意し、観光スポットのリサーチを開始します。そのときの情報収集は、インターネットを活用するのが良いでしょう。温泉に入りたいのなら関連ワードを調べながら、興味が向いたスポットの場所を地図に記録します。その作業を繰り返していくと、自分だけのオリジナル行程の出来上がりです。仕上げに道順をたどりながら、右左折の目印になりそうな建物や自然物を探し出します。ここまでの作業ができれば、楽しい運転風景に思いを馳せながら出発日まで体調を整えておきましょう。立ち寄るべき場所と道順が把握できてからは、万全の体調管理をしておくと道中の楽しさが倍増します。健康な体で楽しい出来事に触れると、一生忘れない良い思い出として記憶に定着するからです。

ドライブにおける観光と優先順位について

2015/03/18

家族や友人と、観光をして名所を巡ったり、食べ歩きなどをするのは楽しいですね。車で旅行をしようと決めたら、前もってどこに行って、何をするか、どんなものを見るのか、何を食べるのか、といった事細かなプランを参加者みんなで立てるのも、旅の楽しみのひとつです。旅行をするにあたって、あらかじめ立てておくと良い、必要だと思われる計画はいくつかあります。まずは、目的地まで使うルートの選択です。高速道路を使うのか、それとも無料の一般道路を使うのか、まっすぐ目的地に向かうのか、寄り道をしたり、あえて遠回りをするのか、優先順位によっては、ドライブにかかる時間も変わってきます。寄り道をするのは、旅行の醍醐味のひとつです。道路沿いの目についたお店に寄ったり、景色を楽しんだりするのも面白いですね。ただ、目的地に着いた後、寄ろうと思っている場所の開園時間だったり、イベントの時間が決まっている場合には、あまり途中で寄り道をしていると、間に合わないこともありますので、注意が必要ですね。次に計画で必要なのは、ある程度道順を調べておく、ということです。カーナビは便利ですが、運転を予定している人と、助手席でナビゲートをする予定の人は、あらかじめ地図を見ておきましょう。

ドライブでの走行距離運転は事故の元!適度に休憩のススメ!

2015/03/18

気候が良くなってくるとドライブが楽しい時期になってきます。
自動車を運転して遠いところまで行くのも楽しいです。ただ走行距離が長くなるとその分事故をする確率も高くなりますので十分注意しなければなりません。
まず目的地まで地図やナビでルートを確認します。最近はインターネットでもルートの検索ができます。距離やおよその時間を確認することができます。
高速道路を使用すると早く楽に行くことができます。高速道路にはパーキングエリアやサービスエリアがあり適度に休憩をとるように計画を立てておきます。
ここで計画を立てるときにあまり時間をタイトに設定しないことです。タイトに設定してしまうとその通りに行こうと急いでしまったり、連続走行してしまう可能性があるからです。
そして実際に走行する場合はその日の天候もよく確認して出発します。運転して眠気を感じたり、疲れを感じたら無理をせずにパーキングや道の駅、コンビニなどで休憩をとります。
トイレをするだけでは十分ではありません、気分を入れ替えることが大切で、場合によっては仮眠をすることです。
高速道路などでは休憩後1時間の事故率が高いという報告もあります。そのことを頭にいれて気を引き締めて運転するようにします。

楽しいドライブのために必要な計画について

2014/11/18

休日に家族や友人とドライブすることは、これ以上ない
楽しみといえます。
しかし予想外にも道に迷ってしまい目的地にたどり着けなかったり、
みんなの希望がバラバラでまとまらず、結局楽しめないといった事も発生するものです。

ですから大切なのが、事前に念入りな計画を立てておくことなのです。
そうすることでスムーズな1日を過ごすことができ、
誰もが満足できる思い出を作れるのです。
また、当日に話し合うことによる時間の無駄もありません。

計画の具体的な作成方法としては、まず目的地を設定します。
その後、地図やカーナビを利用してルートを決定していきます。
長いルートでしたら途中の食事や休憩などの予定も組み込んでいきます。
ガソリンなどの給油予定も、決めておきましょう。

ここで一つポイントがあります。
決してスケジュールを詰め過ぎないことです。
長い1日の中には渋滞に巻き込まれたり、交通事故や悪天候などによる通行止めなど、
思いもよらない事態にも遭遇します。

そんな時余裕あるスケジュールであれば慌てなくてもすみますし、
ドライバーも安心して運転できるのです。
事前に十分な計画を立てておくことで、みんなが楽しめる
安全なレジャーを楽しむことができるといえます。