ドライブにおける居眠り運転の危険性

交通事故が起きてしまう原因の一つにドライブ中の居眠り運転があります。
運転をしていて眠気に襲われた経験があるドライバーは少なくないと思いますが、その眠気の原因のほとんどは運転をする前日にあまり眠っていない睡眠不足や長距離を運転し続けたことによる疲労からです。
つまり、ドライブ中に居眠りをしてしまわないようにするためには、大前提としてまずきちんと睡眠をとっていることがあげられますが、長距離を運転する際には疲労を感じる前に休憩をとることが重要といえます。
休憩は最低でも2時間に1回を目安にしましょう。
その際、車から一度も降りないのでは休憩の意味があまりありません。
一旦、外に出て大きく伸びをして凝り固まった身体をほぐしてあげましょう。そうすることで、血液の循環が促されて頭がしゃっきりとするはずです。
他にも眠気覚ましにガムを噛んだり、疲労を軽減するために糖分を補給することも効果的です。
またもしも、休憩中に食事をとるのであれば満腹にならないように気を付けましょう。一般的に食後は眠気が起きやすくなりますので、その後も運転をする予定があるのならば多くても腹八分目を心掛けることです。
しかし、このように工夫をしても眠気が抑えられない時というのもあるはずです。そんな時に無理をして運転を続けて居眠りをしてしまうと、自分だけではなく他人を巻き込んだ重大な事故を起こしかねません。
もしものことを考えれば、どうしても眠気が取れない時は一旦仮眠をとることをおすすめします。

コメントは受け付けていません。