居眠り運転防止のためのドライブプランとは

居眠り運転というものは、何らかの原因によって居眠りが誘発され、運転中にもかかわらず断続的に居眠りしてしまう状態をいいます。まず考えられる主な原因には運転の疲れによるものがあります。長時間の運転にも関わらず休憩をはさまないドライブプランは好ましくありません。最低でも2時間に1回は休憩を入れて、計画性に余裕を持つことが大切です。
他に居眠りを引き起こす要因に、薬の副作用や病気などがあります。こうした場合は自分の体調や状況をよく考え、時には運転自体を見合わせることも必要です。眠気を催す鎮痛剤などは、運転前に服用することは控えるべきです。
運転中の居眠りを防止するのに一番良い方法は、疲労を感じる前に休憩をとることですが、万一眠くなってしまった場合には、車を安全な場所に停車し仮眠するのは有効な手段です。しかし、起きてすぐに運転すると体の反応が悪く、事故につながる危険性があるので、十分休息してから運転を開始した方がよいでしょう。
休憩中に覚醒させる良い方法は、一旦車から降りて外気を吸いこんだり、少し体を動かしたりすることで、血液の循環が促されるとよりリフレッシュ効果が期待できます。
眠くなるようなメロディを奏でる音楽よりも乗りの良い音楽を聴いたり、助手席に人がいれば会話をするなど、疲労対策のほか、ドライブを楽しむ要素を取り入れたドライブプランは、居眠り防止に効果的です。

コメントは受け付けていません。