居眠り運転と睡眠不足

日本の交通事故の原因において近年最も多いのが居眠り運転であり、この運転をしてしまう原因には慢性的な睡眠不足が関係しています。この睡眠不足が事故の原因になる理由には集中力の低下にあり、まず睡眠の効果は前日に20時間行動したことで脳に発生した疲労度を回復するために大量の酸素を吸って代謝を行い疲労物質を抜くことで脳を疲労回復させます。しかし眠れない状態が続くもしくは生活習慣病として問題となっている無呼吸症候群になると本来寝ている間に行われている脳の回復のために必要な大量の酸素を脳に送るための時間を得ることができないため、そのままの状態でいると次の日に前日の脳が活動した疲労度が抜けきれないことで活動が低下してしまい集中力の低下を招きます。そして疲労度が限界を超えると脳が安全な状態に戻す力が働くことによって、本来運転中など集中しなければならない状態になった際に脳の負担を軽減するために意識を切ってしまう状態になってしまうのです。この状態を防ぐためには毎日の生活の中で軽い運動や入浴をすることで体を温めることによって眠りに入りやすい体を作ると共に、この眠るという時間を一定のリズムにすることで眠りやすい状態を作ります。そして不眠症や無呼吸症候群の場合には即座に医療機関を受診し、その対処法を聞いて治すことが事故を回避することにつながります。

コメントは受け付けていません。